鼻ってどうしてこんなにトラブルが多いの?

鼻ってどうしてこんなにトラブルが多いの?

思春期以降、顔の中でも最もトラブルが発生するといっていいのが鼻です。鼻にニキビができるのも数ある鼻に発生するトラブルの1つにしかすぎません。


・角栓(毛穴詰まり)
・毛穴の黒ずみ
・毛穴が開いて目立つ
・小鼻周辺の赤み(=脂漏性皮膚炎の疑いあり)
・テカテカ&ベタベタ


細分化するともっとあると思うんですが、とにかく皮脂腺が一番集中している部位ということで皮脂が多いため 角栓ができたり、毛穴を皮脂が押し広げたり、皮脂が酸化して肌を刺激するため脂漏性皮膚炎など炎症も起きやすいんですね。


10代、20代の皮脂分泌がさかんな時期を過ぎれば、鼻の皮脂トラブルも収まることもありますが、ずっと脂っぽいという人もいますし、 皮脂の酸化や炎症によるダメージの影響がそのまま毛穴に残ってしまうことも珍しくありません。


皮脂自体は肌にとって必要不可欠なものですが、過剰な皮脂や肌に残った酸化した皮脂というのはトラブルの原因になりますから 必要以上の皮脂は取り除いたり、分泌をコントロールする必要があるのは間違いありません。

鼻のニキビ癖・ニキビ跡を治すにはどうしたらいいの?

鼻のニキビ癖・ニキビ跡を治すにはどうしたらいいの? 皮脂の分泌は男性ホルモンが担っています。そのため男性のほうが女性よりも鼻の皮脂トラブルに悩まされやすい傾向があります。


女性の場合もストレスの影響や生理前の黄体ホルモンの増加といったホルモンバランスの乱れによって男性ホルモンの感受性が増すので皮脂分泌が増えるのでトラブルとは無縁でいられません。


このとめどなく溢れてくる皮脂をどうするかですが、これは洗顔で取り除いたり、あぶた取り紙を使って余分な皮脂を除去するというのが一番基本的な対策方法になります。それ以外には


要チェック収れん化粧水で皮脂量を抑える
要チェックグリコール酸で皮脂を抑制する
要チェック各種オイルコントロール化粧水を使う


といった方法を化粧品メーカーなどは提案していることが多いですが、あまりこれらの方法で皮脂分泌が治まったという話は聞いたことがありません。 最新の有効成分よりも昔ながらのビタミンCを使ったケアのほうが皮脂分泌の抑制だけでなく毛穴引き締めや皮脂の酸化を防ぐ抗酸化作用もあるので肌が変わったという実感を得られることが多いです。


皮脂やうるおい成分を落しすぎないマイルドな洗顔とビタミンCによるマルチ効果を期待したケアというのがなんだかんだで鼻の皮脂トラブルにも一番いいかもしれないですね。


鼻の皮脂トラブルにマルチに効果があるのは、、 詳細はコチラ
Copyright © 2014 鼻ニキビの治し方~小鼻の赤みも治すケアコスメを解説· All Rights Reserved·