経験者でないとわからない「小鼻の赤み」という悩み

経験者でないとわからない「小鼻の赤み」という悩み

小鼻の脇のところが赤くなっているという人もいると思います。どんな原因が考えられるかというと、


・毛細血管拡張症
・皮膚が薄い
・脂漏性皮膚炎(=皮脂の酸化が原因)
・ニキビの炎症
・色素沈着


皮膚が薄く毛細血管の赤みが目立ちやすいという肌質をはじめ、紫外線や皮脂の酸化が原因で赤みが生じているケースがあります。


毛細血管が目立ちやすい皮膚構造を何とかするというのはスキンケアでどうにかするのは難しいですが、紫外線によるメラニンの沈着や酸化した皮脂による炎症、 間違ったスキンケアによる色素沈着などが原因であるならスキンケアで充分対応ができます。


過剰な皮脂とその皮脂が酸化されることで生成される過酸化脂質などの肌へのダメージや炎症が小鼻の赤みに影響していることが多いので、 紫外線対策を行いつつ、過剰な皮脂分泌を抑制し、皮脂の酸化を防いでくれるビタミンCを使ったケアを行うのが効果的です。

小鼻の赤みが気になる場合のスキンケア方法

小鼻の赤みが気になる場合のスキンケア方法 小鼻の赤みが気になる場合のスキンケアのポイントは以下の通り。


・過剰な皮脂分泌を防ぐ
・皮脂の酸化を防ぐために抗酸化作用のある有効成分を使う
・摩擦や紫外線によるメラニン生成を抑制する


以上の3点を気をつけてもらうと、もともと皮膚が薄いとか毛細血管が目立ちやすいという皮膚構造をしている人以外は鼻の赤みは落ち着くんではないかと思います。


ちなみにこの小鼻の赤みケアに必要なすべての要素を兼ね備えているのがビタミンCです。 なので、高濃度×高浸透のビタミンC美容液が1本あれば鼻の赤み対策はOKということです。


鼻は皮脂腺が集中しており、皮脂分泌が多いということでトラブルが多い部位です。そのため他の部分に比べてケアも念入りになりがちですが、 赤みが気になるからとついつい触ったり、毛穴パックを使う、洗顔時に擦る、といったことをするとその刺激や摩擦で炎症が起こり、メラニンが発生して色素沈着してしまうことがあります。


また、スクラブ洗顔やピーリングの角質ケアもやりすぎると皮膚が薄くなってしまって余計に鼻周りの赤みを目立たせる原因になってしまうことがあるので注意が必要になります。


頑張って皮脂を取り除こうとしたり、ビタミンCを浸透させようとするとどうしてもケアの際に力が入ってしまいがちですが、 そのときの刺激や摩擦が鼻周りの赤みを悪化させる原因になっていることがあるということは覚えておいたほうがよさそうです。


小鼻の赤みに使いたいビタミンCコスメ、おすすめは? 詳細はコチラ
Copyright © 2014 鼻ニキビの治し方~小鼻の赤みも治すケアコスメを解説· All Rights Reserved·